★★★★★
一番の作品
1000ページ近い作品は、はじめて読みました。でも、読み始めると本当にいっきでした。この作品を読み、たくさんのことを考え直しました。家族、死、性、友達。何度も泣きました。雪の中で絢音が迷子になって、蒼が絢音に「好きだ」といった場面は、涙がとまりませんでした。今ままでで、一番泣いた作品でした。これからも、この作品は一番感動して、一番泣いて、一番好きな作品になると思います。この作品を書いてくださり、本当にありがとうございました。これからも、心に響く作品を書き続けてください。心から応援しています!
浅井吉知
13/01/07 20:20

>>新着レビュー一覧へ