私は朔夜さんの顔も見ずに、車に乗り込んだ。



もちろん、同行の声も掛けない。



朔夜さんは、家では私だけの執事だけど、外では違う。



そう自分に言い聞かせてみても、心は晴れなかった。

この作品のキーワード
鬼畜  鬼畜俺様執事  俺様  執事  エロ格好いい  お嬢様