朔夜さんは再び薄く笑う。



私はその笑みに、ゾクリ、とした。



朔夜さんが、椅子から立ち上がり、私の方へ近づいてくる。



「何がお望みですか?」



「望みなんて…」



ない、と言いかけた私の顎をそっと持ち上げ、耳元で


「本当に?」


と囁く。



頭がくらくらする…

この作品のキーワード
鬼畜  鬼畜俺様執事  俺様  執事  エロ格好いい  お嬢様