次の日。



私はシャワーを浴び、気合いを入れた。



コンコン



ノックの音に誰何する。



「朔夜です」



何故、この時間に私の部屋へ?



躊躇いながらも返事をする。



入ってきた朔夜さんは、いつもの優しい笑みで、ワゴンを押してきた。

この作品のキーワード
鬼畜  鬼畜俺様執事  俺様  執事  エロ格好いい  お嬢様