自分の教室へ来た私は、だいぶ酷い顔をしていたようだ。



皆と挨拶をした後に席につくと、奈津紀がやってきた。



「どうしたの?顔真っ青だよ?」



私は『なんでもない』と言って、無理矢理、笑ってみせた。



「無理に笑うことないよ。私も無理にきかない。話したくなったら、話してね?」



奈津紀は、そう言って微笑んだ。



「ありがと」



今度は素直に笑顔が出た。



奈津紀は『くさいこと言っちゃった!』と笑ってた。

この作品のキーワード
鬼畜  鬼畜俺様執事  俺様  執事  エロ格好いい  お嬢様