『……テたら、ナニもシない。すぐ二、返してヤるヤロ』

このおかしな喋り方に、あたしは、思わず、

「あっ」

と声をあげると、部屋の中にいた刑事さんがあたしを振り返る。

「どうかしましたか?」

「いえ、これ、あたし犯人に言われたので……」

「犯人の声ですね?」

「はい」

男の刑事さんが何か書類に書き込む。

この作品のキーワード
ロボット  アンドロイド  アーティスト  ボディガード  恋愛  あまあま  れぷらば