「これは殺人だろう。」


自殺に見せかけたのに、なぜ殺人だとわかった!?



犯人目線の短編推理小説集です。


犯人がどこでボロをだしたのか、なぜ警部はわかったのか・・・


そこを考えて読んでいただけたら幸いです。