恋をした「自分」は想像以上に変質的な存在だと気づいた。


僕は世間では「オタク」と呼ばれる存在だ。


生まれて一度だって「オタクです。」なんて自己紹介をした覚えは無いのに、周りは勝手に呼び続ける。

しかも少し離れた影から…

さながら僕は動物園の檻の中の動物だ。

ライオンだって自分からライオンだなんて名乗った覚えは無いのに、ライオンと呼ばれているし、檻の外の人間なんかと関わりになりたくも無いから檻の中で大人しくしている訳だから…




でも、檻の外に、関わりになりたい対象物が居たら…



正直、少し考える…