降りしきる雨が、あたしの体の熱を奪い去っていく。


それはまるで、あたしの代わり泣いてくれてるみたい。








それはまだ、あたしが高校卒業を控えた冬の出来事だった。



バイトが終わると、外は大雨。


傘なんか持ち合わせていないあたしは、

ずぶ濡れになっても気にせずに、いつも通りに歩いて帰っていた。


途中でコンビニを見つけたが、今更傘なんか差して、どーなるわけでもない。


コートを着ていても染み込んでくる雨水に、気持ち悪ささえ感じてしまう。


時折横を通る車のヘッドライトが、虚しくあたしを照らしていて。



一台の車が、あたしの横に付けて窓を開けた。




『…アンタ、何やってんの?』


「…歩いてるの。
見てわかんない?」


怪訝な表情で聞いてきた男に、足を止めることなくそれだけ言った。




『…ずぶ濡れじゃん。』


「…だから?」


いい加減ウザくなり、足を止めて男に顔を向けた。


だけど男は、関係ナシに言葉を掛ける。



『…乗れば?』


「ハァ?アンタ、頭おかしいんじゃない?
てゆーか、怪しすぎだし!」


黒のセダンは、車高を下げてスモークを張っている分、余計に重厚感を増していて。


こんな誘いに乗る馬鹿は居ないだろう。



『…別に、何かしようなんて考えてねぇよ。
今年の風邪は治りにくいって聞くし。
だから、乗れば?』


「…意味わかんないし。
あたしが風邪引こうが、野たれ死のうが、アンタには関係ないじゃん。」


それだけ言ってあたしは、また足を進めた。

この作品のキーワード
切ない  恋愛  実話  高校生   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。