『―――ココ、俺のマンション。』


「あっそ。」



1階が丸々駐車場になっているそのマンションに車を停め、男は車から降りた。


その後ろを、無言のあたしが続く。


響くヒールの音は、だけど雨音に簡単に掻き消されてしまう。


相変わらず雨は止まず、住宅街には人影もない。


悪いことをしていても、誰にも見られなければ、

少しだけ罪悪感も薄れる気がした。




一緒にエレベーターに乗り、目線を落とした。


あたしは、顔を見ることさえしない。



『…なぁ、名前は?』


「あたし、千里。」


『…そっか、俺は隼人。』



興味もない。


行きずりの男の名前なんか聞いたって、明日になれば忘れてるんだから。


密閉された空間は息苦しく、背をつく壁が冷たかった。



エレベーターは4階で止まり、男が降りるとあたしも後に続いた。


整然と並ぶ部屋のドアは、まるでラブホテルのようだ。




―ガチャ…

奥から2番目の部屋の前で足を止めた男は、

ポケットからキーケースを取り出し、部屋の鍵を開けた。



『入れよ。』


男の後に続き、あたしは相変わらず無言で足を進めた。


つけられた電気に目を細め、入り口で立ち尽くす。




『そこで待ってろよ!
今、タオル持ってきてやるから。』



見渡すと、部屋の中には何もなかった。


パソコンの灯りだけが部屋を照らし、

開け放ったままの隣の部屋にダブルベッドがあるだけ。


本当に、怪しい。


およそ、人が普通に生活するような部屋ではなかった。



この作品のキーワード
切ない  恋愛  実話  高校生   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。