『―――ちーちゃん、ごめんな?
誕生日なのに…。』


「いいよ、明日も朝から仕事でしょ?
あたしも仕事だし!」


『…うん、また連絡するから。』



あたしの誕生日の晩、日付が変わる前に家に帰った。


バタンと閉まる車のドアに、だけどあたしは寂しくなんてない。


登る階段は足音を響かせ、少しだけ楽しくなった。






―ガチャ…

「…あれ?」


いつものように家の鍵を差すと、開いていることに気付いて、不審に思った。


ゆっくりとドアを開けると、瞬間、目を見開いた。



『…あら、お早い帰宅ですこと。』


「お母さん!
居たんだ…。」


玄関の前で、煙草を咥えて母親がこちらを睨んでいた。


鋭い眼差しに、目を背けるように足元に視線を落として靴を脱ぐ。



『…自分の家に居ちゃ悪いの?』


「…そーゆー意味じゃないよ…。
お店は?」


『…暇だから、早めに閉めたのよ。』


お互い目も合わせることなく、別々の方に歩いた。


先ほどまでは楽しかったはずなのに、急に心臓が早くなる。


あたしの居場所は、こんな所じゃないようで。



「…あたしさぁ、卒業したら家出ようと思ってるんだ。」


『あらそう。』


母親の言葉は、それだけだった。


分かっていたはずなのに、心に穴でも開いてしまったようで。


だけどそんなあたしにお構いナシに、母親は言葉を続ける。



『丁度いい機会だわ。
ついでだし、卒業したら親子の縁切らない?』


「…何、言ってんの…?」


平然と言う母親に、目を見開いて振り返った。



『…良いじゃない、アンタも18でしょ?
立派に育ててやったんだから、感謝の言葉の一つでも言えない訳?』


吐き捨てるように言われた。



この作品のキーワード
切ない  恋愛  実話  高校生   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。