あたし達は、引き返す道もないまま進み続ける。


なのにいつまで経っても真っ暗闇で、出口さえも見えない。


過ぎ行く毎日は、やっぱり不安で。


だけど、隼人がこの部屋で笑ってくれるから。


だからあたしも、何事もなかったように笑う。



季節は12月を向かえ、外はイルミネーションに彩られた。


浮き足立っている人の群れに、だけどあたしは笑うことが出来ない。



生理が半月も遅れているから。


もちろん隼人には、何も言っていなかった。


検査をすることが、何より怖かった。


出来ていたら、もちろん産みたい。


でも、あたしは隼人の足枷になんかなりたくない。


だから、真実を知るのが、一番怖かった。



『ちーちゃん、明日遅くなる。
シャブ運ばなきゃだし。』


「―――ッ!」


瞬間、ハッとして笑顔を向ける。



「…そうなんだ。
山間部は寒いらしいし、雪降らないと良いね。」



相変わらず、隼人は仕事を続けていた。


隼人の体には、今も刺された傷が残っている。


その傷を見る度に、胸が苦しくなる。



『だな。
安全運転しなきゃ。』


隼人の言う“安全運転”が、一番心配だった。


だけどそんなあたしの心配をよそに、隼人は笑顔を向ける。



『明日、夜までには戻れるから、どっか食いに行こう?
最近忙しかったしな。』


「うん、楽しみ~♪」


引き攣る笑顔が、隼人にバレないことだけを祈り続けた。


今のあたしは、まるで心がココになくて。


だけど今はまだ、言い出すことが出来ない。



この作品のキーワード
切ない  恋愛  実話  高校生   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。