こう言ってはなんだけど――

正直はっきり言って、高野先生は学生にまるっきり人気がなかった。


プロレタリア文学なんて地味なことをやっているうえに?

講義のときの話し方は、いつもぼそぼそと聞き取りづらく?

おまけに漏れなく笑いを取るのがすごく下手で……。


先生は色が白くて痩せていて。

しかも銀縁の眼鏡をかけていて。

そして、そんな風貌は余計に女子学生を遠ざけた。


ギスギスと細かく神経質。

関わり合いたくない変わり者。


それが高野先生の専らの評判だった。