高野先生と私の関係はとくに前進も後退もしないまま。


けど、先生は私のことを「詩織さん」と呼ぶようになった。

これって一見するとすごーい進展にように思われる。

ところがこれには理由があって――

からくりというか、事情というか、ワケというか……。


「3人も、です」

高野先生は、たいへん感服したという口調でそう言った。

「いやぁ“高野”も珍しい姓ではありませんが」

なにかというと、先生のゼミの話しである。


今年の高野ゼミには、なんと!鈴木さんが3人も集結。

「“鈴木”さん、さすがです」

要するに先生のまわりは鈴木だらけなのである。

「トリプルなんて、教員生活で今回が初めてです」

もう“鈴木祭り”みたいなもの……。


“詩織さん”なんて呼ばれてはいるけれど、先生の脳内では――

鈴木(し)

こんなもんかもしれない、と。

私はちょっと真剣に思った。