どうも私は高野先生にかなり翻弄?されてしまう性質らしい。

もちろん――

先生のほうには少しもそんなつもりは無いのだろうけど。

私が勝手に持ち上げられたり、突き落とされたりしてるだけのこと。

ホント、ただそれだけ。

もっとも――

最近はそのアップダウンにもだんだんと慣れつつあるけれど。


高野寛行先生は、本質的には誠実で優しくて繊細な人だ。

そして……私はそんな先生に悲しくなるほど恋している。


ってわけなんだけど――

先生はときどき“あーあ”な失敗をしてしまう人でもあった。

誠実すぎるというか、素直すぎるというか。


そう……高野先生はいい感じに抜けたところのある人なのである。