母校の大学を訪れるのは久しぶりだった。

同じ市内にあって、そう遠くはないというのに。


直接の師弟関係にない高野先生を訪ねるのは気楽なものだ。

けれども――

母校を訪ねるからには恩師を無視するわけにはいかない。

それが少々気重だったりして……。

ゼミの担当であり、私の恩師の森岡先生。

あぁ、いったいどんなお小言を言われるやら……。


私はちょっといいことを思いついた。

そうだ!森岡先生を先に訪ねてから高野先生のところへ行こう!

“これから高野先生に用事があるので”

その大義名分のもとに早々に退散する。

この戦略でいこうと決めて私は森岡先生の研究室へ向かった。