「ただいまぁ〜」



買い物をなんとか済ませた俺と斗真は無事帰宅。



「ママー!」



斗真は家に入るなり、キッチンの方へと駆けて行った。



…そっか。今昼か。



時計を見て気付く。



「斗真ー」



キッチンにいた斗真の頭に、ポンと手を乗せた。

この作品のキーワード
イケメン  幼なじみ    甘えん坊  ダーリン  乙女な男の子  赤ちゃん  子ども  恋愛  笑い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。