目には黒い布。

椅子に座り、体は縛られている。



何も見えない、身動きできない。


その恐怖から、精神は不安定になりつつあった。



静かにドアが開く音がする。

人がいる。

気配だけでそう感じた。


震え始める体。


「大丈夫」


安心感のない言葉を投げかけられる。

それでも、震えは酷くなる一方だった。



「じゃぁ、次命令するね―――」



静かに囁かれた言葉は、やけに大きく聞こえた。


次の命令。


そのことだけが、走馬灯のように駆け巡る。


この作品のキーワード
監禁  王様  王様ゲーム  ゲーム  異常