【社長との別離】が、刻一刻と迫っていて。


私の感情やキモチは、相反しているのに。


強靭な力に屈して、どんどん進められていく。




だけれど・・・・



「…はい、かしこまりました・・・」


未来のナイ私は、ロボットも同然。


「そう…、それは良かった。

伝えてくれれば、俺が改めて挨拶に伺うから。

彼とは色々と、話さないといけないからね?」


「っ…、はい――」


今の私に許されるのは、この一言。



「ありがとう、蘭」


ククッと笑う後藤社長に、射止められると。


彼の笑顔が、悪魔のように見えてしまう。


すべてに裏を思わせ、計算され尽くしているから。



「いいえ・・・」


必死で口角を上げて、笑おうと試みた。


演技派女優を気取っていたとは、滑稽なモノだ。


上手く、笑えナイ・・・



打算の無いアノ笑顔を、彼に重ねてみても――


ううん…、貴方と誰かを比べるコト自体。


もの凄く、愚かなことだよね?




貴方は貴方でしかなくて、代わりなどイナイのに・・・





この作品のキーワード
社長  秘書  幼馴染み  香り  オフィスラブ  大人  仕事    年上