すべては私のこの…、佐々木という名前のせい。



そして、東条の名を持つ社長のせい。



ううん…、ちがう・・・



私のキモチが、すべての原因だというのに――







「おはようございます。」


「おはようございます、社長」



「おはようございます――」


すれ違う人々に対して、にこやかで丁寧に挨拶する社長。




彼の挨拶には打算とか惰性は、全く感じられナイ。


キッチリ応えて返す優しさが、寧ろ伝わってくるほどで。



この分け隔てのナイ所が、ヒトを惹きつけるポイント。



ある意味では、最強の武器だと思う・・・




そんな彼の後ろを俯き加減で、ひたすら歩く私。



今日もまた落ち着ける場所のナイ、一日の始まり。





ここからが本当の…、受難の始まりとなるのだから――





この作品のキーワード
社長  秘書  幼馴染み  香り  オフィスラブ  大人  仕事    年上