“幼馴染みじゃない”

この言葉の意味を、理解出来たから。



“お前は変わらない”

行き場がナイと、自覚出来たから。



もっと早くに、気づければ良かったね?





ですから、社長・・・



このキモチは、心の奥底へと封印します――





未来はナイけれど、過去があるから大丈夫。



希望はないけれど、思い出があれば大丈夫。


ソレに縋れるだけで…、生きていけるよね?



大切なトキに、密かに想いを馳せながら――





だからね、そのためにも・・・




「…あの、佐々木と申しますが――」


泣きながら見上げた、満天の星空に誓ったの。




この決意が…、貴方のためになるのなら。


私は迷わずに、その道へと進もうと思う。




それが“別離”であっても、もう構わない――





この作品のキーワード
社長  秘書  幼馴染み  香り  オフィスラブ  大人  仕事    年上