(一)


その殺人が露見したのは、ある苦情からだった


『異臭がする』


近隣住民からの苦情に、管理者と責任者の責務を持つマンションのオーナーは早速、問題の部屋に向かった


普段なら電話程度で済ますことだが、生憎と繋がらず

ここしばらく、その部屋の住人とも会わず終いでの最終手段であった


それが惨劇の露見


部屋に入ったオーナーが見たのは、赤い部屋だった


「――で、被害者は誰か分かるのかい?」


惨劇部屋の現場検証に立ち会う彼は、壁際――殺害が行われたであろう血塗られた一画を見ながら聞いた


聞かれた若い男はすかさず手帳を出し、ことの旨を話す


「被害者は恐らく、菊池香我美、十九歳。市内の大学に通う生徒なんですが。今のところ、この線で検討中です」


「へえ、もう被害者が分かったのか」


この作品のキーワード
ヤンデレ  グロい  二股  愛されすぎ  双子を二股 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。