***** 玲子's View *****

逃げる柿崎を追いかけようとしたら、誰かに止められた。
動けなくて、情けなくて、つらくて、悔しくて。

ただひたすら、泣き喚いていた。


気がつけば、幸村が抱きしめていた。大丈夫だ、と、何度も優しくつぶやきながら、ぎゅっと、抱きしめていてくれていた。

負傷者の手当て周りでしていた。出陣前には、あんなに人がたくさんいたのに、今では半分以下になっている。


私の、せいだ。
私が、自分で本陣へ、柿崎を連れて行かなかったから。

いや。


信玄に、躊躇うな、と、言われていた。自分だけじゃなく、仲間のために、と。


私が、あのとき、殺さずに捕らえるなんて事をしなければ。あの人だって、目をつぶされて、殺されることもなかった。


あのときに、躊躇わずに、この手で殺していれば。

自分の手をみた。
血で、真っ赤に染まっている。

「あは…あはは、は…」

目から零れ落ちる涙が止められなかった。


私のせいで。

私のせいで、大勢の人が。

私の……


「いかなくちゃ」

すっと立ち上がった。
あの人を迎えに行くと、約束したんだ。

「玲子?」

「いか…なくちゃ…」

「玲子!」

幸村に腕をつかまれた。

「いかなきゃいけないの!」

手を振り解いて、走り出した。

この作品のキーワード
戦国  武将  ゲーム      時間移動  真田  伊達  前田  戦国遊戯