ぼーっと辺りを見ていた。小さく綺麗な月の光が、辺りを淡く、照らしていた。
周りが慌ただしく準備をしているのに、何故か他人事のように感じた。


…ほんとに、始まるんだ…


カチャカチャと金属音が辺りに響いていた。

非現実的なこの事態が、いまだに受け入れていない。どこかで、夢じゃないかと思っている自分がいた。


「いよいよ、出陣の時じゃ!」

信玄の声が、辺りに響いた。

緊張とぴりぴりとした空気が、辺りを包んだ。

信玄が、次々と指示を出していく。その雰囲気に、思わず萎縮してしまう。

「玲子!」

「は、はい!」

呼ばれて思わず、声が裏返った。

「お主には、本隊にて、別動隊の動きを悟られぬよう、暴れてもらう」

「はい」

予想通り、今回の川中島での合戦は、私が歴史で勉強したやつで間違いない。本隊をオトリにつかって、別動隊が叩く。幸村は、別動隊で動くので、気づかれないよう、その手助けをする。

「最前線にでてもらう。派手に暴れてきておくれ」


にまっと信玄が笑う。私は緊張した面持ちで頷いた。

この作品のキーワード
戦国  武将  ゲーム      時間移動  真田  伊達  前田  戦国遊戯