第二章
 《 色 》









色なんて
存在しないと思ってた

私の世界に
色はあったんだね