第三章
 《 贈り物 》










あなたがくれた物

どれも
大切な宝物だよ