「それでぇ、大和クンはいつくるの~?」


薫ちゃんは張り切っていつも以上にオシャレをしていた。


「今電話するから…」



彼の唇に薄く塗られたピンクのグロスには


気付かなかった事にしよう。



「あれ、お前…


朝から天ぷら食ってきた?」



バッチ~ン!!


「バカッ!!あたしのガラスのハートが砕け散ったじゃないっ」



「いってぇな!!ガラスはガラスでもお前のは防弾ガラスだろ!?」


キィ~~ッ!!!!!




…いつもの事ながら、うるさい。



あたしは構わず電話をかける。


"…もしもし?"


「あ、大和。寝てた?」


"ん…。何かしたの?"


「あのね、今友達が来てるんだけど…どうしても大和に会いたいんだって。

あたしが大和の話ししたら興味持っちゃって…」


"あは。僕の話ししてくれたんだ。
良いよ、今行くから!

…でも、友達って男?"


「男も居るけど…美人の女の子も居るよ」


"…すぐ行く"


ブツッ…



切れた。


それにしても、美人の女の子が居るって聞いてすぐ来るだなんて


やっぱり男の子なんだね…。


そう考えるとちょっと可笑しくなった。