薄暗い部屋に一人でいると、涙が出そうになる。


しかも、面接に来た日にいきなり入らされるなんて。

心の準備がまるきり出来てないよ。



……いくら、営業時間があと1時間半ほどだって言われても。





あたしはおずおずとベッドに腰掛けた。

ベッドもブルーシートみたいな素材で出来ていて、バスタオルが敷いてある。



緊張でわずかに震える手で、さっき店長から渡されたマニュアルを開いた。


”奉仕のしかた”がイラスト入りで詳しく書いてあった。



(………)



見ず知らずの男の人に、口で”ご奉仕”するなんて……。

考えただけで「オェ!」ってなるよ。


好きな人にさえ、こんなことやったことないのに。



あたし、ほんとにできるの?

……どうしよう。


この作品のキーワード
純愛  三角関係  心の成長  切ない  親子関係  年上  じれじれ