「お疲れ。

いきなり延長って、気に入られてんじゃん。順調順調!

着替えて降りてきて」


店長があたしの背中をポンと叩く。



「はい、今日のバイト代。

ほらね、今日から入って良かったでしょ」


笑顔の店長に16800円渡された。



(たったあれだけの時間で、こんなになるんだ……)


って、何もやってないけど。




手元の現金を眺めた。


この16800円のうち、1万円はあの人が出してくれた延長料金なんだ。

……悪いことしたな。

この作品のキーワード
純愛  三角関係  心の成長  切ない  親子関係  年上  じれじれ