一人でふらふらっと歩いていると、自分の影がゆらりと揺れた。

「……?」

不自然な動きをする影に、そらは首を傾げる。

「……!!」

ゆらっと影が大きく揺れたかと思うと、とたんに影は地面から浮かび上がり、そらをそのまま飲み込んだ。

冷たくて真っ暗な周囲が広がった。
何が起こったのかわからず、あたりをきょろきょろと見回した。

「どこ、ここ…」

こんな時に魔法が使えれば。
今までに何度もそう思ったことがあった。
だけど、今ほど強く思ったことはなかった。

光がまったく入ってこない。
出口が見えない。


暗い……深い………


背中をすすっと何かが這うような感覚がした。
振り返ってみるが何もない。


……怖い…


父と母がいなくなったときのことを思い出した。
一人取り残され、これから先、どうすればいいのか途方に暮れた。

独りぼっちになったと思った。


やだ。誰か…誰か助けて……


望んでも誰も助けてくれないことは知っている。
自分でどうにかしなくてはならないことも。


助けてよ…シーク……

この作品のキーワード
魔法  七不思議  学園  パープル14 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。