どうしてこうも衝動に駆られるのか。


腕を抑え、脅えさせ、そこまでする必要がどこにある。



足音が聞こえると同時に、その手を解放し、呆然とする思李の顎を拭った。



言われなくてもわかる、儂を非難し、軽蔑する瞳。


この女は絶対に儂になびこうとはしない。



「虎、準備出来たよ、ってわっ、ここにいた」



対してこの兄は何事にも柔軟だ。


悪い奴ではない、それは直感が教えてくれる。



「すまぬな、ダイ」



それは労いと、妹への行動に。


先を歩く背中に密かに謝罪の意を返す。