「ほらほら、そこ行くお兄さんよ!!

この子なんてどうだい?
昨日入った新人だよ!


おまけに凄く美人だ!」



女郎屋の決まり文句。

その商品達は、檻の中から外の男達を誘惑する。


一刻も早く、此処から出るために…。



「お兄さん、あたしなんかどうだい?

損はさせないよ?」

「ちょっと、そんな奴ほっといて、あたしにおしよ!

ね?いいだろう?
オニーサン♪」


この作品のキーワード
  主人  妖怪  異種族恋愛  和風  狐面  狐の嫁入り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。