五穂はまず仕事に入る前に、炎尾の寝室へ連れて来られた。




「あの…まず…私は何をすれば……?」


仕事の作法でも教えられるのだろうと思った五穂。


だが炎尾は、(面で表情が見えないが恐らく)涼しげな顔で、こう言い放った。







「五穂、脱げ。」









この作品のキーワード
  主人  妖怪  異種族恋愛  和風  狐面  狐の嫁入り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。