「……………はい?」




「耳が遠いのか、お前は。

だから、脱げと言ったんだ。」



またもや白々しく言う炎尾。

そして五穂は、ようやく一言。





「Σええぇぇぇえぇぇーーーーーーーッ!!??υ////」




この作品のキーワード
  主人  妖怪  異種族恋愛  和風  狐面  狐の嫁入り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。