―――


「…ふむ。このくらいで、足りるでしょうか…?」


一仕事を終えた五穂が、額の汗を拭った。


【………オマエ……これ、作り過ぎじゃねぇか?】


雨珠は目を疑った。

目の前には、



山のように積み上がった油揚げ…!

+前菜と魚!



「何を申されますか雨珠さん。
多めに御作りした方が、良いに決まっているではありませんか。」


【そんなきらびやかな笑顔で言うなよ…。
何事も限度ってモンが…。】


だが五穂は聞く耳持たず、引き続き料理を作り始めた。

それを慌てて止める、小さな鼠の姿があった。


この作品のキーワード
  主人  妖怪  異種族恋愛  和風  狐面  狐の嫁入り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。