朝は、鳥の鳴き声で目が覚めた。トントンっとテンポのいい音が聞こえてくる。くんっと匂いを嗅いでみると、お味噌のいい匂いがした。

布団から起き上がり、大きく背伸びをしながら、ドアを開ける。母が朝御飯を作ってくれている姿が見えた。

「れいちゃん、おはよう」

私の声に玲子は気づくと、にっこり笑って挨拶を返してくれた。

「おはよう、幸姫。顔、洗っておいで」

言われて頷き、幸姫は洗面所へと向かった。踏み台をごとっと出してきて、その上に乗り、水で顔を洗う。冷たくて気持ちよくて、少しぼーっとしていた私の目が、しゃきっと覚めた。タオルで顔を拭き、リビングに戻ると、テーブルには2人分の朝ご飯が用意されていた。

「さぁ、食べよう」

玲子の言葉に頷き、ご飯の前に座った。両手をあわせて、玲子の方をみながら、一緒にいただきます、と、言って、フォーク片手に、ご飯を食べ始めた。

この作品のキーワード
戦国  時間移動  再会  親子