自分は助けを求めるのに


人のSOSは聞こえなくて


自分は笑顔でいても


人を笑顔にはさせられなくて



自分は何も知らないフリをして


人にすべてを押しつけて


自分の幸せを


人に与えているつもりだった




いつだって自分だけだった



気づけば1人だった






.