ーーーーー‐‐‐
ーーーーー‐‐‐

体が沈みこんでいく感覚で、目が覚めた。
…寝ちゃった?
…あ、恭汰!

がばっと体を起こすと私がいる反対側に座っている彼に気付いた。お風呂上がりで、シャツとスウェットの下をはいていた。まだ濡れている髪をタオルでふきながら、片手で携帯を見ていた。
私が起き上がったのに気付くと、それが当たり前のように私に渡しながら。

「相当惚れてるな」

「え!?」

「聡」

笑いながら、携帯の画面を指す。

画面を見ると、聡の杏奈への熱い想いが並んでいた。

「見た?」

「携帯開いたまんまで落ちてたし」

「ぁあ~!これは今日の打ち上げの時に色々話してて、その流れで」

慌てる私に対して恭汰は落ち着いていて、軽く笑顔にさえなっている。

「葵がメアドやら教えるなんて珍しいな。
 研修中から俺が目つけてただけのことはあるな」

「は?」

「入社前から社内では期待されてたんだよ。 大学在学中から設計デザインコンクールに出品して
 大賞は取ってないにしても、評価は上々だったからな」

「聡が・・・?」

へえ。研修中にも関わらずプロジェクトに呼ばれている段階で、
只者ではないのかなあと思っていた