ーーーーーーーーー
ーーーーーーー
ーーーーー

そして慌ただしく毎日は過ぎていく。

恭汰は相変わらず仕事に忙しく、幾つかのプロジェクトを掛け持ちしながら毎日日付が変わる頃に帰ってくる。

体を壊さないかいつもひやひやしてる。

私は、初めて恭汰の下から離れての仕事に四苦八苦しながらも、なんとか来週の納期に間に合うメドがたち、ホッとしている。