あたしは泣いた。


声が枯れる程泣いた。


それも半日間ずっと。


「妃奈…」


その間、お姉ちゃんはずっとあたしの横にいてくれた。


「妃奈…ご免ね。玲奈があんな男を紹介したばっかりに…」


「…お姉ちゃんの、せ、いじゃ、ないよ?」


「妃奈…本当にご免。」


お姉ちゃんも涙を流した。


お姉ちゃん泣かないで?


お姉ちゃんは悪くない。


悪いのは…


昴?


になるんだと思うから。



この作品のキーワード
禁断  先生  学園  教師  元カレ  友情  複雑  野いちご大賞  高校生  秘密 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。