その日の授業も終わり、下校時刻。


部活のある人は部室に向かい、何もない人は下駄箱に向かう。


あたしはみやびちゃんと一緒に下駄箱に向かった。


「ねぇ妃奈ちゃん、今から暇?」


「うん。
暇だよ。」


「私の家来る?」


「え!?」


「そんなにビックリしなくても。」


「ご免。
いきなりだったからつい。」


「そっか、ご免ね。」


「いいよ。
でさ、いいの?
みやびちゃんの家行っても?
今日習い事とかないの?」


みやびちゃんと言えば、毎日が習い事の日々である。


お茶、お花は勿論、お琴に日本舞踊に、ピアノ、ヴァイオリン…実にいろいろ。


「うん!
今日は本当はピアノなんだけど、先生が体調崩されてお休みなの。
だから今日は空いてるの。」


「そうなんだ。」


「だから、妃奈ちゃんさえ良かったら家な遊びに来ない?
こういう機会ってあんまりないから。」


「ありがとう。
でも…」


この作品のキーワード
禁断  先生  学園  教師  元カレ  友情  複雑  高校生  秘密 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。