真夏の太陽の中、今日も補講がある。


だが、その補講も今日で終わりである。


やっと明日からはゆっくり寝れると思うと嬉しいが、恋愛事情的にはあまり喜ばしくない。


「妃奈ちゃん、おはよー!」


「みやびちゃんおはよー!」


みやびちゃんと毎日会えるのも今日までである。


「今日で補講最後だね。」


「そうだね。
嬉しいような悲しいようなって感じだけど。」


「あ、そっか。
明日からは北条先生に逢えないもんね。」


「そうなんだよね。
明日からも毎日学校来ようかな。」


「マジで!?」


「嘘。
流石にそれは無理かも。
北条先生が毎日学校来るなんて保証何処にもないんだから。」


って事は、毎日来てるって分かってたら毎日来るのだろうか。


みやびちゃんってスゴいなぁ。


この作品のキーワード
禁断  先生  学園  教師  元カレ  友情  複雑  高校生  秘密 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。