それからずーっと、あたしは学校だった。


こんなので何時夏休みの宿題をやれというのか、という疑問さえ湧いてきた。


だけど


楽しかった。


ドキドキだった。


毎日朝から常田君と会っていろんな作業して、話して…


気付けば友達みたいになっていた。


常田君も、あたしのこと友達って思ってくれてるのかな?


この作品のキーワード
禁断  先生  学園  教師  元カレ  友情  複雑  高校生  秘密 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。