★★★★★
自分を認めてあげられる物語
もしもあの時、ああしていれば。こうしていれば。
過去に戻って、あの分岐点を選び直せたなら……。
誰もが一度は思ったことのある願望だと思います。
その願いが本当に叶ったら、人はどうするでしょうか?
手元にある毎日は味気なくなりがちで、逆に手の届かない過去はとても美しく、甘酸っぱく、キラキラ輝いている。
それを再び手にした時、あの頃より大人になっている自分はどんな選択をして、なにができるのだろう。
夢のようなチャンスに憧れる自分と、夢ではない現実を生きてきた自分を、満足させて勇気づけてくれる作品です。
小さな後悔や失敗を何度も何度も積み重ねて、泣きながらそれでも真っ直ぐ毎日を生きている人へ。
筆者様の小さな……でも精いっぱいの『頑張ろうね!』の声が届く作品です。

岩長咲耶
16/06/20 12:29

>>新着レビュー一覧へ