部屋に一人取り残された後、拭いきれない寂しさが体中に溢れる。

どちらかというと、自分の気持ちを閉じ込めては周囲に気を遣う芽依のことをわかっているつもりでいたのに、その優しさにつけこむような厳しい言葉をかけてしまった。

俺にとっては唯一愛している最愛の女なのに。

それを口にする事をためらう関係が現実。

芽依にとっての唯一は、高橋専務に違いなくて、今この瞬間でさえ、俺だけのものにはできないでいる。

その事実を認めて、そして受け入れている。

それでも、いつか俺だけのものにしたいと、かすかな希望を捨てきれずに側に置いて。

なんて弱気な……。

さっきまでこの手の中にいた芽依が、やたら恋しい。

俺の腕の中にいる時だけは他の誰の事も考えさせたくなくて、芽依が気を失う寸前まで抱いている。

この半年、瑶子と別れてからは自分に何の罪悪感も感じる必要もなくなって。

自分の気持ちのままに、芽依への気持ちをぶつけるように抱いている。

芽依は気付いてないだろうけど。