★★★★★
始まり方を間違えた恋
お互いがお互いを想いあっているのに、始め方を間違えてしまったがために、誤解やすれ違いの連続でこじれさせてしまった恋。
最後までその誤解が尾を引くのかと思っていたのですが、予想外に早い段階でその誤解が解けたのですが、そこからもこじらせ続ける二人。
主人公の過去の経験や背景からも、タイトルの『最愛』というテーマがあり、いろいろなところで愛されることに対しての後ろ向きな主人公。そんな主人公に対して、始め方を間違えてしまったのだから、難しいところ。
一つのテーマを軸に、二人のそれぞれの想いや背景を通しながらも、ゆっくりと紡がれていく恋愛が素晴らしかったです。
聖凪砂
15/11/24 23:38

>>新着レビュー一覧へ