私達の出会い…

   それは…

高校の学校の教師と生徒。
ごくごく普通の。



   それから

お互い両親に進められた  
  お見合いだった。


普通なら…教師とお見合いだなんて、
考えられないことだけれど…。



私ね、すっごく
嬉しかったんだよ。

お見合い相手が

あなただと知って…。


だってね………

あなたに小さな恋心を
密かに抱いていたんだもん。

叶わない儚い恋だって…

思っていたんだもん。


ねぇ…優也?


私はあなたと、こうした形で出会ったのは偶然じゃなくて運命だと思っていいかな?

…信じて、いいかな?


私はあなたと


運命の赤い糸で
繋がっているって



信じたい……。

ううん…信じてる。


この作品のキーワード
恋愛  禁断の愛  教師と生徒  学校  先生  生徒  妊娠  赤ちゃん  秘密