「うわぁ、すごーい!
綺麗な魚がいっぱい!
天井も水槽で
ツーロがトンネルみたいになってるから
  まるで自分も
水槽に入ったみたい♪」

そういうと渚は目を
キラキラと光らせている。

こうしてみると
幼い子供みたいで
かわいいなぁ(笑)

「そうだな。
あ、イルカショーやるみたいだぞ?」


「本当?
イルカ見たぁい♪

優也早く行こう!!
いい席が無くなっちゃう!」

「そうだな(笑)」

良かった。
渚が気に入ってくれて。

「優也早く―!」

「はい、はい」

この可愛い笑顔を
消してはいけない。

俺はふとそう思った。

渚には…
辛い事をしてしまったから。

もうこれからは

渚に辛い思いはさせない。


てかヤベー…
目を離したらどっかに
行っちまいそうな
勢いだな…。
これは目を離しちゃダメだな……。

この作品のキーワード
恋愛  禁断の愛  教師と生徒  学校  先生  生徒  妊娠  赤ちゃん  秘密