「まぁまぁ〜、可愛い子おるから安心しろって♪」


そう言って、俺の肩に腕を回してくる横田


『ちょ、止めて下さいよ。』



正直、可愛いとか可愛くないとか
そんな事…どうでもいい。

別に、彼女なんていらないし?
茜の事で学習したし、俺。



〈好きじゃない女とは絶対に幸せになれない〉って。



また、虚しくなるのもゴメン。

今回は、仕方なく来ただけ




ふと…横田の後ろに視線をやると、俺と横田以外にもう3人いる

それも、同じ会社の同じ部署の奴。


若干…気まずい…。






――昔、貴史と行った合コンを思い出した

後にも先にも、アレしか合コンに行った事がないと言う…。苦笑



『はぁー…。帰ってもいいっすか?』


「来月から会えなくなると思うと…寂しいよ…」


両手で顔を隠し、泣いたフリをする三十路手前男。


ほんまに、貴史と被る…

このウザさが!!




『また、そうやって直ぐ脅すんやから…。おったらいいんやろ?分かりましたよ!!あぁ〜どっかに、もっと優しい上司おらんのかなー。』


「それ、先輩に言うセリフ?」


『後輩に職権濫用する様な人が、何言ってるんですか?フンッ』


「生意気やな♪」


『よく言われます。』







.

この作品のキーワード
姉弟  実話