『はぁー…。』



大和の家に泊まった日から、早2週間…。



早いもので…明日はおてんば娘[海]の結婚式――。





行かないって決めたんや。

まだ、空には会えないから―…。

まだ、姉弟に思えないから―…。





「光?タメ息ばっかついて…。ほんまに明日行かんの?何でなん?」



瑞希に聞いたのか、大和に聞いたのか知らないけど

妹(海)の結婚式って事を、何故か知っていた花に

『行かない』と告げると…「何で?何で?」の嵐。




『行きたくないから。』


「でも…この間から変やで?」


『うるさい!行かん言うとるがな!!』



こんなの、ただの八つ当たり。

そんなこと分かってるよ。
嫌って位に良く分かってますとも。




「もう…、後悔しても知らないんだから。妹でしょ?他人じゃないねんで?」


『いいんやって。ほっといてくれよ!!』


「分かった分かった。もう言わん。」



そう言って「はぁー…。」とタメ息をつく花は

呆れかえった顔をしている――。






.

この作品のキーワード
姉弟  実話